30インチで観ています。

映画やテレビドラマの感想を書いています

フジテレビ

海のはじまり(フジテレビ・月曜9時・目黒蓮/有村架純)第3話感想

目黒蓮さん・有村架純さん出演ドラマ『海のはじまり』第3話が放送されました。類似したテーマを扱った過去作とは異なり、理想の家族像をゴールとして描くのではなく、そばにいる関係から徐々に生まれるつながりを描こうとしている作品なのかもしれません。

海のはじまり(フジテレビ・月曜9時・目黒蓮/有村架純)第2話感想

目黒蓮さん・有村架純さん出演ドラマ『海のはじまり』第2話が放送されました。「産むか産まないか」という選択をめぐり、異なる判断をした二人が、夏を介して出会うことで生じる苦しさが描かれています。かなり重い作品になってきました。

新宿野戦病院(フジテレビ・水曜10時・小池栄子)第1話感想

小池栄子さん出演ドラマ『新宿野戦病院』第1話が放送されました。歌舞伎町に位置する訳ありの患者たちが搬送されてくる救急病院を舞台に、日本社会の現状と「平等とは何か」を問う作品のようです。

海のはじまり(フジテレビ・月曜9時・目黒蓮/有村架純)第1話感想

目黒蓮さん・有村架純さん出演ドラマ『海のはじまり』第1話が放送されました。『silent』の脚本で知られる⽣⽅美久さんの最新作で、目黒蓮さんも出演している話題作ですが、丁寧な筆致であらゆる親子関係を描いており、第1話から引き込まれました。

ブルーモーメント(フジテレビ・水曜10時・山下智久)第2話感想

山下智久さん出演ドラマ『ブルーモーメント』第2話が放送されました。レスキュー隊の使命を果たすために正確な予測が必要とされること、勝ち筋を見出しそれを実行するという基本の流れが描かれました。良いところもイマイチなところもありました。

ブルーモーメント(フジテレビ・水曜10時・山下智久)第1話感想

山下智久さん出演ドラマ『ブルーモーメント』第1話が放送されました。災害に対する啓発の大切さを描いていて、頻発する災害対策を真摯に描いている印象を受けました。一方でそのことが分かりにくさにつながっていますし、『TOKYO MER』との比較は避けられま…

366日(フジテレビ・月曜9時・広瀬アリス主演)第1話感想

広瀬アリスさん出演ドラマ『366日』第1話が放送されました。同名曲から着想を得たという本作には印象的なキャストが起用されており、全体的に丁寧に制作されている印象を受けました。一方でストーリー自体はべたな内容で新鮮味という面では物足りなかったで…

春になったら【第11話感想】

木梨憲武さん、奈緒さん出演ドラマ『春になったら』第11話が放送されました。最終回は二人の旅立ちを皆で祝福するという温かいものになりましたね。 途中若干失速した感じはしますが、一人一人のキャラクターに実在感がありとても満足でいる作品でした。

春になったら【第10話感想】

木梨憲武さん、奈緒さん出演ドラマ『春になったら』第10話が放送されました。生まれてくる命と死を待つ父親など、いろんな物事が対比的に描かれていて丁寧さを感じるドラマです。

春になったら【第9話感想】

木梨憲武さん、奈緒さん出演ドラマ『春になったら』第9話が放送されました。結婚式と葬式の準備が進められる中、雅彦はついに倒れてしまします。タイムカプセルに込められた幼少期に思い描いていた未来と、60年間の人生が対比され「本当の幸せとは何か?」を…

春になったら【第8話感想】

木梨憲武さん、奈緒さん出演ドラマ『春になったら』第8話が放送されました。3つの「参観日」を描く内容で対になる表現をちりばめることでまとまりのあるエピソードになっています。働くことの人生における意味について押しつけがましくなく表現しています。

春になったら【第7話感想】

木梨憲武さん、奈緒さん出演ドラマ『春になったら』第7話が放送されました。雅彦のために自分を犠牲にしていた瞳が再び自分の幸せに向き合う回となっています。個人的にはプロポーズ前後の展開が好きではありませんが、このドラマの一つのクライマックスを迎…

春になったら【第6話感想】

木梨憲武さん、奈緒さん出演ドラマ『春になったら』第6話が放送されました。「すべてが思い通りにいくことなんてない」人生において、苦境に立たされた時に支えてくれる存在の尊さが描かれています。

春になったら【第5話感想】

木梨憲武さん、奈緒さん出演ドラマ『春になったら』第5話が放送されました。人間は仮にそれが迷惑ではないとしても自分のエゴを貫き通せない生き物であるということが各キャラクターの行動を通して描かれています。相手を思うがゆえに迷宮に迷い込んでしまう…

春になったら【第4話感想】

木梨憲武さん、奈緒さん出演ドラマ『春になったら』第4話が放送されました。中井貴一さん演じる旧友・神君との再会を描いており、長年のわだかまりが解ける友情の物語を二つの世代を通じて描いています。

春になったら【第3話感想】

木梨憲武さん、奈緒さん出演ドラマ『春になったら』第3話が放送されました。カズマルくんが芸人生命をかけてD1グランプリに挑み、「新しい家族を作る」ことの難しさ、歯がゆさが描かれていました。

春になったら【第2話感想】

木梨憲武さん、奈緒さん出演ドラマ『春になったら』第2話が放送されました。死ぬまでにやりたいことリストとして亡き妻や娘と過ごした彼の人生を振り返る旅が始まりそうです。似た者同士の親子の親しいからこそ隠していた悩み、心配をかけたくないという思い…

春になったら【第1話感想】

木梨憲武さん、奈緒さん出演ドラマ『春になったら』第1話が放送されました。余命3か月の父親と3か月後に結婚することを決めた娘を描いた本作ですが、木梨憲武さんという個性を最大限に生かしており、演出も行間を視聴者にくみ取らせる巧みさがあります。名作…

君が心をくれたから【第1話感想】

永野芽郁さん、山田裕貴さん出演ドラマ『君が心をくれたから』第1話が放送されました。全体的にジブリっぽい雰囲気で始まった本作はベタな展開を一気にかっ飛ばし、衝撃的な事故とファンタジックで不思議な取引に展開していきます。見たい部分をあまり見せて…

いちばんすきな花【最終話感想】

多部未華子さん、松下洸平さん、今田美桜さん、神尾楓珠さん出演ドラマ『いちばんすきな花』最終話が放送されました。これまでのエピソードで登場した人物たちのその後が描かれるとともに、4人の成長と変化が感じられる優れた最終回だったと思います。

時をかけるな、恋人たち【最終話感想】

吉岡里帆さん、永山瑛太さん出演ドラマ『時をかけるな、恋人たち』の第11話が放送されました。決してつまらなくはないですが、面白くもないという感じの最終回でしたね。でも小道具やセットが凝ってあるので退屈はしません。

ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~【最終話感想】

二宮和也さん、大沢たかおさん、中谷美紀さん出演ドラマ『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』第11話が放送されました。無事事件は解決し、恋人たちは愛する者のところへ向かいます。展開自体は雰囲気があるのですが、感情移入はできませんでした。

いちばんすきな花【第10話感想】

多部未華子さん、松下洸平さん、今田美桜さん、神尾楓珠さん出演ドラマ『いちばんすきな花』第10話が放送されました。間違い探しの違うところを見つけて丸を付けるという子供の無垢な行為から大人のドロドロとしたいじめやバッシングに至るまでの過程が表現…

時をかけるな、恋人たち【第10話感想】

吉岡里帆さん、永山瑛太さん出演ドラマ『時をかけるな、恋人たち』の第10話が放送されました。「責任を共有できませんか?」という素晴らしいセリフが登場しましたが、正直そこが面白さのピークでした。次回最終回が残っていますが、今回で終わらせてほしか…

ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~【第10話感想】

二宮和也さん、大沢たかおさん、中谷美紀さん出演ドラマ『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』第10話が放送されました。最終回前ですが特に事件らしいことは起こらず、最終回に向けての準備という印象が強かったです。あとは最終回でなんとなくハッピーな終わり方に…

いちばんすきな花【第9話感想】

多部未華子さん、松下洸平さん、今田美桜さん、神尾楓珠さん出演ドラマ『いちばんすきな花』第9話が放送されました。前回に引き続き美鳥の過去とそれにまつわる4人のエピソードが紹介されています。二人組でしか付き合えない人として美鳥が登場したことで一…

時をかけるな、恋人たち【第9話感想】

吉岡里帆さん、永山瑛太さん出演ドラマ『時をかけるな、恋人たち』の第9話が放送されました。二人の逃避行や時空犯罪の傍らで、廻の後輩の恋人・梓の一途な恋が描かれましたが、このエピソードがとても面白かったです。

ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~【第9話感想】

二宮和也さん、大沢たかおさん、中谷美紀さん出演ドラマ『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』第9話が放送されました。決められた結末に向けてどんどん誘導されていくようなストーリーで面白がる余地が残されていない印象です。ミズキのエピソードだけは若干面白い…

いちばんすきな花【第8話感想】

多部未華子さん、松下洸平さん、今田美桜さん、神尾楓珠さん出演ドラマ『いちばんすきな花』第8話が放送されました。美鳥という4人の共通の知人の過去が描かれるのですが、テーマと描かれている内容が微妙にずれていて、そもそも彼女に興味がないことも相ま…

時をかけるな、恋人たち【第8話感想】

吉岡里帆さん、永山瑛太さん出演ドラマ『時をかけるな、恋人たち』の第8話が放送されました。上田誠氏の過去作『サマータイムマシンブルース』をもじった副題でちょっとした小ネタが仕込まれていました。